年寄りのたわごと

森井小樽市長「若さ」をエネルギーに

海千山千の古参市議を向こうに回し連日のご奮闘ご苦労さまです。


先日、久しぶりに市役所に勤務している友人に会い、いろいろ話を

聞きましたが、彼の口も重く話しずらそうでした。

「四面楚歌か、市長も大変だな」というのが率直な印象でしたが

同時にそんな厳しい環境の中で安易な妥協をせず「よくやってい

るな」と確認でき安心しました。


私は72才の老人ですがやはり「若さ」というのは素晴らしいこと

だと思います。


20年近くも議会に寄生してこれまでの多くの市長と癒着して市政

を思いのままに牛耳り、甘い汁を吸い続けてきた古参議員等はき

っと新米市長の貴方を手なずけるのは簡単なことと高をくくって

いたのが大きな誤算だったようですね。


そんな古参議員等の狙いを寄せ付けずきりきり舞いさせているの

があなたの「若さ」だと思います。

「若さ」は時に暴走もしますが、私はいまの小樽市には「時には

暴走する指導者」が必要だと思っています。長年にわたって詰ま

りぱなしの庁内組織間のパイプの大掃除や、古参議員等と癒着し

た幹部連中の首のすげ替えなど…やることは尽きることはないと

思います。


そのどれもが「いい市長さん」「話の分かる市長さん」では出来

ません。何を言われてもふらつかない断固とした姿勢が必要です。

それを維持するエネルギーが貴方の持っている「若さ」です。


そこで提案ですが

「若い幹部」を積極的に登用することが大事だと思います。「年

寄り」がボス面をして市政を牛耳っている時代は終わったと思

います。

それと「女性幹部」の登用も見落とせないと思います。


とにかく、


あなたの周りを「若い幹部」ゃ「女性幹部」で固めてください。

庁内に的した人がいなければ市民のからの登用も考えるべきだ

と思います。


捕りとめなくなりましたのでこれで止めますが、「若さ」を信

じて新しい小樽市を作ってください。


これからも「森井市長下ろし」は続きます。

しかし、そんなことに血道をあげているのは誰なのか…市民に

も徐々にですが分かってきています。


健康に留意され、さらなる活躍に期待しています。


市民は見ています。頑張ってください。 




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する