年寄りのたわごと

第1回定例小樽市議会が終わりました

3月23日付けの道新・小樽後志版に、第1回定例小樽市議会が「森井市長の

答弁が直接の原因となって日程が変わることなく会期を22日まで延長して

終わった」と皮肉たっぷりの記事が掲載されました。

記事は、西出真一朗、中野訓両記者(3月あたりから2名体制になったようで

すが)によって書かれたようですが、相変わらず議会寄り、自民・公明寄り

の匂いがぷんぷんする内容になっています。


記事によると「昨年の(中略)第4回定例市議会から一転し、比較的順調に議

事が進んだ」背景には「議会側は市民生活への影響を最小限に抑えるため

予算案の議決を重視した」からだそうです。


はたしてそうでしょうか?。


新年度の一般会計予算案を決めなければならない今回の議会が、これまで

のゴタゴタを引き摺って、よもや予算案が廃案になって困るのは市長側は

もとより議会側、つまり自民・公明も一緒ではないでしょうか?。

しょせん市民の目を気にしての「保身」でしかない、と私には思える

のですが…。


この「偏向記事」を読んで私は第1回定例会冒頭の本会議を傍聴した

時の代表質問で公明党の秋元智憲市議が再質問、再々質問でネチネチ

と市長に絡んでいたのを思い出しました。

「2月上旬(市長が)自ら排雪現場に赴いて業者に作業内容の確認を求め

たこと」が「現場作業に著しい混乱を生じさせた」という実にくだら

ない内容で詰めかけた多くの傍聴者の不評を買っていました。


実はそのことを公明党は今議会での市長追及の目玉にしょうと意気込ん

でいたようですが、なんやら(失礼)「決議案」を最終日の本会議で賛成

多数で可決させることを条件になんとか抑え込んだのが自民党だった…

自民党の浜本進会長のコメントがそれをほのめかしている…と、この記

事を深読みしている市民も多いとか。

この話、第1回定例会の冒頭の本会議3日間を傍聴した私としてはこんな

こともあってもおかしくないナ、ありえない話でもないナと思ったりし

ています。


それと記事の最後の部分で、高島観光船問題を巡って「議会内では『(コン

プライアンス委員会の)調査の結果次第では、2定は相当混乱するだろう』

との声が漏れている」という誰が言っているのか分からない匿名コメント

で締めくくっています。

「混乱」を煽るかのようなこの一節を読んで、2名体制になったとはいえ

議会に関する報道はやはり「面白おかしい」記事を追及する(?)中野訓記

者主導なのが見て取れます。


ま、いづれにしても森井市長はじめ市の職員の皆さん、議員の皆さん、

ご苦労様でした。












スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する