FC2ブログ

年寄りのたわごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

道新を読んで①

今回から道新の「地域の話題 小樽・後志」欄を中心に目に止まった記事や

「これはおかしいぞ」と感じた記事を取り上げ、疑問点や意見を書いてみた

いと思います。ときには他の紙面の記事も取り上げていきます。


目的は70歳を超えて疑問に思ったことをそのままにしておくとモヤモヤが溜

まって精神衛生上良くないのと、文章を書くことで少しでもボケ防止になる

のではと思ったからです。


1回目は初っ端から他の紙面の記事で恐縮ですが、5月21日付3面に掲載され

た「アングル 小樽港再開発波高く」で小樽報道部 三坂郁夫記者の署名入

りの記事を取り上げました。


「小樽市は14年に、ターミナルビルの整備などを盛り込んだ『3号埠頭及び

周辺の再開発計画』を策定。ところが15年に初当選した森井市長は16年12

月、市の財政状況などを理由にターミナルビルの新設に難色を示した」こと

で「森井秀明市長と地元経済界の対立が深まっている」というのが記事の趣

旨のようです。


記事はこれまでの中野訓記者の記事のように一方を悪者にした偏ったもので

なく小樽市・経済界それぞれの言い分が丁寧に紹介されておれ公平な記事だ

と思います。

ただ、最後に拡充を支持するかのようなコメントか2つ並べたのはいかがな

ものかと思いました。


この記事からいくつかの疑問を感じましたので疑問点と私の意見を纏めてお

きます。


①クルーズ船寄港による小樽への経済効果はどの程度あるのでしょうか

 (この点は現在小樽市に問い合わせ中です)。

②商工会議所はなぜターミナルビルの建設にこだわるのでしょうか?。

 記事によると約5億円が必要と言うが、市財政の硬直化のなか財源はどう

 するつもりなのでしょうか?。

 (この点については商工会議所に山本会頭にあってもう少し詳しい話を聞き

 たいと申し入れましたが「1市民ということだけでは難しい。あなたがど

 のような人なのか略歴がないと検討出来ない」(佐藤総務部長)と門前払い

 でした。)

③開発局は15年度から3号埠頭の老朽化対策と13万トン級の大型クルーズ船

 を受け入れるため、水深を10 m掘り下げる工事に着手するとのことですが

  (この点は現在小樽市に問い合わせ中です。ここからは私の私見です)

 最近の朝鮮半島、特に北朝鮮の動向と阿倍自公政権の「戦争国家日本」へ

 向けた動きを鑑みると、今回の開発局(国)の動きの陰には水面下でくすぶ

 り続ける「小樽港の軍港化」を加速させようとの狙いが見え隠れしている

 ように思います。見落としてはならないと私は思います。

④「観光」は水ものと私は思っています。若者の札幌流出の最大の理由は小

 樽には結婚して子供を作り養っていく安定した賃金が得られる企業が少な

 く生活を安定的に維持していけないからです。

 堺町商店街で働いている友人に聞くと

 堺町商店街や運河周辺が賑わってもそこに集まってくるお店や企業(?)は規

 模も小さく、何よりも観光客の減少が見えたらサッと店をたためるような

 身軽な構えのお店や企業(?)が多いといいます。小樽の人が経営する店が少

 ないのもそのせいだと友人は言います。

 だから労働条件もアルバイトやパートさんが多く賃金も時給が目立つと言

 います。

 これでは若者を中心とした札幌流出に歯止めが掛からないのも道理です。

 

 道新も小樽市と経済界との対立を「煽り立てる」のでなく地域密着を目指す

 メディアなら小樽の将来を見越した具体的な提案をすべきではないか…と

 わたしは思います。

 



 






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。