FC2ブログ

年寄りのたわごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大きな勘違い?

9月に入り、月始めの病院通いをしているうちに1週、2週が過ぎてしまいま

した。胃の摘出手術から早いもので4年が過ぎ、完治の目安である5年目を迎

えました。月中には胃と腸の内視鏡検査が予定されています。


さて、第3回定例市議会が始まった5日、議会を覗きに行きましたが傍聴人は

私を含めてわずか2名と言う寂しさでした(というより嵐の前の静けさでし

ょうか)。市長の議案提案説明を聞いて途中退出しました。

帰り道、フト森井市長の後援会やその活動内容について知りたくなり、8日、

「森井後援会」の荒木和廣幹事長に話を聞くべく後援会へ電話をかけてみま

した。

1回目は誰も出ず。FAXも送ってみましだが受信拒否。そこでやむなく荒木

幹事長が代表を務める道都総合事業協同組合にかけてみましだがこれも誰も

出ず。諦めきれず後援会に再度電話を試みたところ留守電に切り替わってい

たので、荒木幹事長に会って話が聞きたいのでそちらの都合のよい日、時間、

場所を知らせて欲しい旨、吹き込みました。


午前11時ころ電話がありました。

受話器をとり「もしもし」と応答したところ、「あんた誰」との突然の問い

にビックリ…というより少しムッときて「藤井です。どちら様ですか」と聞

くと「荒木だけど…」ようやく名乗りました。


改めて会見を申し込むと「忙しくて…あんた会員?。幹事長といってもボラ

ンティアで…」「何を聞きたいのか…話の内容が分らないと準備出来ない」

「一会員が問題にすることなど何もない」「自宅はどこだ」との返事。

この間、私は「聞たいことは電話でなく会って話す、電話では言った、言わ

ないになるので…」「話は1時間ほどで終わる」と答えたが、結局、私から

の質問の内容が分らなければ対応できない」と会見には応じられないといっ

た雰囲気だったのでいったん電話を切りました。その後荒木さんからの連絡

はありません。


短時間のそれも電話での会話でしたので私にとって森井後援会・荒木和廣幹

事長ってどの様な人なのかよくわかりません。ただ、電話での高飛車で横柄

な物言いに「こんな人が森井後援会の幹事長なの?」という思いが私の率直

な印象でした。


真偽のほどは定かではありませんが、森井市長に対し大きな影響力を持って

いる人物とも言われているようですね。荒木和廣さんってどんな人なのでし

ょうね。ご存知の方いましたら教えて頂けませんか。


いづれにしても、現職の市長の後援会にしては組織も活動内容もオープンと

は言えませんし、積極的に会員を増やそうという気があるのか?…も疑問で

す。荒木幹事長は「一会員が問題にすることなど何もないはず」と言います

が、森井市長就任以来、「小樽市政の混乱と対立の原因は市長にある」と

自民・公明・民進・商工会議所、連合小樽を核とし、道新、小樽ジャーナル

を見方につけた「森井降ろし」の動きは、今回の高島・観光船許可問題で

「やはり森井市長は取り巻きの言いなり」との印象を市民に与える結果とな

ることは明白です。

8月28日に高島の現地に行きましたが「小樽ファンクルージング」の小林勝

幸社長も「森井市長は多くの市民に支持されている。何も問題はない」との

趣旨の発言をしていましたが、どうやら森井市長を取り巻く皆さんは「大き

な勘違い」をしていると思えてなりません。


長年にわたって5者協議で決められてきたオール与党市政をようやく市民の側

に取り戻し、若い森井市長を誕生に手を貸しながら、これまで貴方たちがやっ

てきたことはその若い市長を追い詰め、「未熟な市長を食いものにしている」

と多くの市民に受け取られない印象を与えていると言えるでしょう。


二期目の市長選は始まっています。一説には「小樽みらい会議」はすでに千

人以上の正式会員(会費を払った会員)を集めたといいます。その活動も大小

様々な団体、サークルなどに浸透しているとも言われています。「小樽みら

い会議」と「森井降ろし」を目指す5者団体との関係もいづれはっきりして

くるでしょう。


最後に、森井市長に申し上げたい。


まずは9月11日から始まった第3回定例会の各会派の代表質問、それに続く

各委員会と、これまで以上に陰湿で執拗な追及が続きますが、安易な妥協を

することなく頑張っていただきたい。


と、同時に


もっと市民が見ていることを意識してください。

市民に分かりやすい「森井後援会」活動を早急に立ち上げてください。

多忙で後援会活動に専念できないなら専任出来る人に変えるべきです。

貴方を市長に担ぎあげたと自負している取り巻きを今一度見直してくださ

い。そして手を切るべき人とは思いきって手を切ってください。

資金面で大変なら実状を市民に明らかにし、市民に応援を求めてください。


小樽には若い市長が絶対必要だと私は思っています。あなたのあとを次ぐ若

い人材が育つには10年は必要です。つまり、森井市政は3期続く必要があり

ます。そのためには2期目は絶対負けられない正念場です。

正念場にふさわしい体勢づくりに早急に取り組んでください。


以上、老婆心ながら。


※ 第3回定例会の代表質問の開始日が間違っていましたので訂正しました。

  (9月12日)








スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。