FC2ブログ

年寄りのたわごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

説得力なき「辞職勧告決議(案)

10月10日に最終日となる第3回定例小樽市議会に、自公と無所属の1名

が連名で提出予定の森井市長と上林副市長にに対する辞職勧告決議(案)

は、10月6日にすでに出来上がっていて各報道機関に配布されていまし

た。


これは10月5日に森井市長が提出した11月分給料を10%減給するという

「減給条例案」を否決した総務委員会での審議が進められていた時点で

すでに辞職勧告決議案の作成作業は、三連休に入る前に辞職勧告決議案

が各報道機関に届くよう進められたということです。

つまり、予定の行動というわけです。


辞書で「勧告」を調べて見ましたら

「ある行動をとるように説き勧めること」(現代国語例解辞典)

「あることをするよう説き勧めること」(広辞苑 第四版)

とありました。共通するのは「説き勧めること」でただ単に「勧める」

だけでなく「説き」勧めることが「勧告」の本意のようです。


そこで、この「辞職勧告(案)」を見て見ますと、肝心の「説き」の部分

がすっぽり抜けています。説得力がまるで感じられません。市民目線

では密室とも思える議場で長時間にわたって、これも市民目線では生

産性の上がらない議論を重ねてきた市議のみなさんにはお分かりにな

るのでしょうが、正直言ってチンプンカンプンです。

なぜなら、よほど意識しないと貴方たち市議のやっていることはほと

んど市民には伝わってきませんから…。

市民の理解はそっちのけの仲間内のウップンばらし、とんだ茶番と言

っては言い過ぎでしょうか。


若い市長を制御できず言い様に振り回されてきた自分たちの羞態を隠

すために大見えを切って見せたのでしょうが、内容があまりにも感情

的で観客(市民)は、なす術なし…いうところでしょうか。


もうひとつこの「辞任勧告案」を見て感じるのは、ことあるごとに「

市と議会は車の両輪」と言いながら自分たち(市議の皆さん)責任はど

こへ行ったのやら…すべて市長と副市長に責任をおっかぶせて自分た

ちは頬かむり、というのはいかがなものでしょうか?。

自分たちも辞めるから市長も副市長も辞めるべし、というならまだ分

かる(?)かも…。


さらにもう一つは中央バスへ対する気使いがプンプンしていることで

す。道内のバス事業を事実上牛耳っている牧野社長と渡りあったとば

っちり…とも私には見えますがいかがでしようか。自公とも上部組織

から「若造一人になにをモタモタしてるのか」くらいのキツイお達しが

あったのでは…これは全く私の想像ですが…。
























スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。