年寄りのたわごと

背筋寒くなる小樽市議会

道新小樽支社 西出真一朗記者 こんにちわ。

私は貴方が書かれている記事に注目している藤井 優という73歳

のジイさんです。


さて、森井市政最終年度の第1回定例市議会が始まり、あなたがど

の様な記事を書かれるか大いに注目していましたが、開会前日の2

018年2月21日付け朝刊17面の「市議会の対応に注目」を読んで、

相変わらず議会側に偏った記事にガッカリでした。


記事は、議会側が森井市長に対して、これまで問責決議案と辞職勧

告決議案をそれぞれ2度可決したと強調し「市議会(側)の残るカード

は不信任決議案の提出」と、ご丁寧にも「地方自治法などによる」

解説まで行い、これもいつもながらの各会派のトップのコメントを

羅列し(中には「百条委員会設置」を口にする馬鹿な(失礼)会派代表

のコメントもあり開いた口が塞がりませんでした)いわゆる議会側と

森井市長の対立を煽る内容になっていたからです。


ところが、第1回定例会初日の森井市長の所信表明については、西

出記者自らが書くに値しない内容とでも判断したのか、渡辺佐保子

記者にお任せ?。(ただ、この記事は西出記者のような偏りもなく、

事実を上手く纏められとても分かりやすい内容でした。)

西出記者はというと、石田博一議員の懲罰が全会一致で決まったの

を受け「後志ニュース虫めがね」というQ&A形式で「市議の懲罰と

は」という解説風な記事の作成にまわったようです。


ここで、西出さんにお尋ねします。


それぞれ2回の問責決議案、辞職勧告決議案を可決し、不信任決議

案の提出をほのめかし、百条委員会の設置を口にし、さらに懲罰特

別委員会で同僚市議の議会出席を停止する…といづれも法律で定め

られた議会側の「対抗手段」とはいえ、これほどまでに行政の長に

対して矢継ぎ早に「対抗手段」を突き付ける異常さに、私は背筋に

寒気を感じます。


あなたはどのように感じますか?。


それでも、それもこれも森井市長のせい…といいきれますか?。こ

れがベテラン議員が牛耳る小樽市議会のやり方か、と首を傾げたく

なります。

「恥も外聞もかなぐり捨て」なにがなんでも森井市政をつぶす…こ

れが森井市政最終年に臨む議会側の姿勢だと、私は受け止めたので

すが、あなたはいかがでしょうか?。














スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する