年寄りのたわごと

渡辺記者の視点が助けた「検証記事」?

4月18日から3回連載された「対立の行方 森井市政の3年」を

読んだ感想を書いておきます。その前にこの手の記事はなんと

いうのでしょうか?「検証記事」とでもいうのでしょうか?…お

詳しい方いらしたら教えてください。


さて、今回の記事は過去のこの種の記事と比べて大きく変化し

ている点として「㊥公約の実現」が3部構成の柱の1つに取り上

げられたこと、さらに「㊦決まらぬ副市長」のなかで管理職へ

の女性の登用にスポットを当てているのも特筆すべきことです。


これらは渡辺佐保子記者が加わったことでの成果だと思います。

今後も女性記者ならではの視点での記事を期待しています。


とはいえ、この一連の記事が西出真一朗記者の主導のもとで書

かれており、全体の流れとしては過去の同種の記事と大きな変

化は感じられません。


全体としては選挙が近いことを意識してか、過去の記事で目立

っていた「市長に反対する市議会会派、市議のための提灯記事

」と思われる部分が姿を消し、ソフトになって点は大いに歓迎

すべきことです。今後も公平な記事を期待しています。


それにしても、私が中野訓記者のころから指摘してきた「名無

しのコメント」が今回も多く目立つのはどうしたことでしょう

か。


「…2度も辞職勧告されたのに、市長はなせ辞めないのか」と

憤っている「市内の経済人」って誰ですが?


市長の行政運営を間近で見てきた「小樽市の元幹部」っで誰で

すか?


小樽協会病院の分別再開について語っている「市議」って誰で

すか?


ウイングベィの再建について突き放している「別の市議」って

誰ですか?


市が排雪を抑制していると指摘した共産会派の議員って誰です

か?


西出さん、以上の「名無しさん」が話していることは名前を隠

さなければ不利益を被るような内容ではないと思いますよ。


西出さん、この連載の信憑性を確認するためにも、これらの「

名無しさん」は誰なのかぜひ明らかにしてください。


最後に、この3部作の総合タイトル「対立の行方 森井市政の3

年」についてですが、私は現状の市長と市議会、経済界の関係

を「対立」している状態とは見ていません。理由は後日このブ

ログに書きますが、総合タイトルは「いじめの行方 新米市長

の3年」とでもされた方が現状を捉えたタイトルではないかと

思っています。








までの






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する